映画

映画「オリエント急行殺人事件」を観たよ。

投稿日:

古き良きミステリー!アガサ・クリスティの「オリエント急行殺人事件」

イギリスの推理作家アガサ・クリスティが書いたミステリー小説「オリエント急行の殺人」が原作です。

コナン・ドイルが創作したシャーロック・ホームズシリーズと肩を並べるくらい有名な、名探偵ポワロシリーズの1つです。

1934年に発表された作品ですって!90年近く前っ!?

アガサ・クリスティの作品は、ほぼ全部、日本語に翻訳されて出版されているようなので、読んだことがある人も多いかと思います。映画化やドラマ化も世界中でされていますね。

私は、ずっと昔に「ナイルに死す」の映画を観たような気がする・・・

内容は全く覚えておりませんが。

 

今回の「オリエント急行殺人事件」も全く予備知識もないまま、観に行って、楽しんで帰ってきました!

 

「オリエンタル急行殺人事件」ストーリーは・・・

 

2017年版映画のサイトはここ ↓

 

公式サイトから拝借、

ストーリー・・・

中東での仕事を終え、次はイギリスでの仕事に向かうためイスタンブールからフランスのカレー行きのオリエント急行に乗ったヘルキューレ・ポアロ。

出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのはアメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。

深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そして、その車内では殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。

鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客一人一人に話を聞き始める。乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし、乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。

ラチェットの部屋で見つかった手紙の燃えカスから、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は、乗客の中にいるのか、それとも・・・?

という、内容です。

 

 

アームストロング誘拐事件とは、この物語の中での出来事として、

アームストロング家の幼いお嬢さんが誘拐され殺害された事件。命だけでなく身代金をも奪った犯人は捕まっておらず、その事件をきっかけにアームストロング家の関係者がたくさん不幸になった事件。

その逃亡中の犯人が、実はラチェットだったという設定です。

 

 

容疑者は、ラチェットと同じ一等車に乗っていた乗客&乗員12名。

年齢も人種も立場も様々で一見、お互いに何の関係もなさそうな人々…。

 

全員にアリバイがある。しかし、全員が何かアヤシイ…。

一体、犯人は誰なの!?単独犯なのか!? それとも!?

 

 

キャストも豪華!

 

この映画の監督兼名探偵ポアロ(画像、一番左)は、イギリスの名優ケネス・ブラナー

久々にお見掛けしたけど。ヘンテコりんなオヒゲがチャーミング。

 

かなり映画の前半で殺害されるラチェット役は、ジョニー・デップ

乗客には、ジュディ・デンチミシェル・ファイファーペネロペ・クルスも。

 

あと、見たことあるけど誰だっけ、この子?とモヤモヤしていたら、新スターウォーズシリーズのヒロイン・レイ役のデイジー・リドリーでした。

かわいいね!

 

感想。 王道ミステリー! 善とは?悪とは?

 

現代のミステリーやサスペンスを見慣れた我々が観たら、いや、そんなアホなっ! みたいなトリックだったりしますけどもね!!

防犯カメラに監視されている現代では無理すぎるトリック!

でも、そんなツッコミは無用です。だって舞台は90年くらい前なんだからっ!

 

ストーリーも、ミステリーの王道! って、そりゃそうか!

昨今、世界中のミステリー作家たちが読んで影響を受けたであろう作家アガサ・クリスティの作品だもんね!

 

衣装も素敵で、列車内のセットもゴージャス。

2009年に完全に廃止されるまで、本物のオリエント急行は運行を続けていたそうですよ。

 

殺人動機も、情緒的というか、人情とは、こういうものよね!

だれも責められない。悪いヤツがいるとしたら、その殺されたヤツなんだよ!

わかる、わかるよ( ;∀;)

 

人を殺すことは決して許されることではないけれど、その罪を背負って、一生いきていく覚悟があるんなら、今回だけは俺は見ないふりをしてやる。

水戸黄門や遠山の金さん的な、粋な采配をするポアロに感動したのでした。

 

 

最新鋭の武器も登場しません。派手なアクションもありません。

ただただ、人間がいて、だからこそ事件が起きる。

 

意味の分からない、筋の通らない自己中心的な事件の多い現代だからこそ、もう1度こういうシンプルなミステリー映画も良いなと思いました。

 

次は、「ナイルに死す」かな。わくわく。







-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

映画「ルーム」子供の頑張りに感動したよ

映画っていいな、久々にそう思った映画「 ルーム 」 私は、子供のころから映画が好きです。邦画も洋画も。 高校生の頃は、映画雑誌を毎月4種類買って、読み散らかしていたし、毎週4本は映画をビデオで観ていた …

映画「ザ・パージ」シリーズ がクレイジーだよ!

映画「パージ」シリーズの基本ストーリー 舞台は、ちょっと未来のアメリカ。経済が崩壊した後、現れた「建国の父」たちによって作られた新しいアメリカでは、失業率1%。犯罪率も著しく減少している。 それはなぜ …

映画「美女と野獣」と素晴らしい音楽!

映画「美女と野獣」観てきたよ。 エマ・ワトソンのやつです。 吹き替えも話題ですが、今回は字幕版で! <iframe width=”560″ height=”3 …

ラ・ラ・ランドみたよ

観たよ☆ いろいろ話題の「ラ・ラ・ランド」 !! サイトは、ここ。 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=ctauZyEAQpI] アカデミー賞6部門受賞! …

映画「ワンダーウーマン」みたよ!

映画「ワンダーウーマン」をみたよ DCコミックの女性ヒーロー「ワンダーウーマン」の映画です。 「全米大ヒット」「全米ナンバー1」←何の? などなど、お決まりのフレーズはもちろんのこと「女性監督映画史上 …




文字

人気記事 PopularPost

amazon search engine