徳島県神山町のいちょう祭りに行ったよ

投稿日:2017-11-28 更新日:

徳島県の神山町とは・・・

徳島県の北東部。鮎喰川という、それはそれは美しい川と深い深い山に囲まれた、町です。

「神の山」の町とかいて「神山」なのですが、霧のかかった山などを見ていると、本当に神がいそうな美しいところです。

ちょっと前までは細い道を通らないといけないような、限界集落のイメージでしたが、現在では広い国道も整備され、徳島市内から30分くらいで神山町の中心地につくかと思われます。

(徳島空港からだと、1時間くらいかかるかもしれませんが。)

人口も少ない高齢化も劇的に進んでいる町ですが、光ファイバーが網羅されており、IT化がものすごく進んだことで、都会の会社のサテライトオフィスなどが続々オープンしております。

若い移住者も、増加中。

カフェをしている人、アーティスト、IT企業の人、なんだかいろいろな人がきて、いろいろなことをしているようです。

詳しくは、神山町役場の充実のウェブサイトで!

 

神山町の魅力

町の歴史や詳細は、上記の役場のウェブサイトを見ていただくとして、

私は、最近友人が神山町に住み始めた縁(一時的にですが)で、ちょくちょくお邪魔するようになりました。

とにかく、自然がいっぱいです。かなり面積の大きい町です!

集落があって、しばらく何もない道路がつづいて、また集落、そしてまた道路があって、また集落。そんな感じです。

 

お遍路さんが歩いているのを見かけますが、こんな何もない道を歩いて平気なんだろうか・・・と思うくらい、何もない道です。

 

というか、本当に自然しかないですね(笑) 

イノシシやらシカはもちろん、野良猫のようにタヌキがいます。

 

移住者も大歓迎!?

友人の家は、割と町の中心部なので交通の便も問題ないのですが、やはり昔ながらの細い山道を進まなければたどり着けない家なども、まだたくさんあるようです。

移住してきて、パン屋さんやカフェなどを開いている方々は、だいたい広い国道沿いにお店を出してくれているので、安全にたどり着けます。

 

素敵だな~(^^♪

 

町の人も、私がフラフラ歩いた感じでは、みなさん明るくご挨拶してくださいますし、よその人にもオープンな雰囲気です。

町を挙げて移住者を促進しているのを感じます!

 

ただ、車はないと生活はしんどいかと思います!

駅はないし!バスは通ってるみたいですけど。

 

日本の田舎、どこもそうだと思うけど、とにかく公共交通機関は死んでます。

 

神山町の自然

春は、桜がとてもきれいです。チェリーロードのような場所もあり、車に乗って楽しめます。

 

夏は、写真はないけど、

清流「鮎喰川」沿いでたくさんの人がキャンプをしています。

 

こちらは秋の様子。

写真では、伝わらないかもしれないけれど、本当にきれいな澄んだ水なんです。

動画↓

まったく手付かずの自然というわけではないけれど、うまく共生している感じがします。

 

↑昔ながらの稲穂干し。懐かしいなぁ。

もちろん神山町でも、機械で刈り取り→乾燥→精米している人もいると思いますよ!でも、いまだにこういう風景も見かける町。

 

冬は、山の上とかは雪が積もるかもしれないけど、山のふもとのほうは、たぶん大丈夫ですね。道が凍って外部に出れないなんてことは、め~ったにないかと思います!

100%ないとは言い切れないな・・・。

だって、やっぱり山道を進むか、トンネルをくぐるかしないと立ち入れない場所ですからね!

 

神山町のいちょう祭に行ってきました。2017.

毎年11月23日に開催されているというお祭り。

 

大久保の乳いちょうの前の広場でお祭は開催されていました。私は、お祭りはチラッとみただけですが、イチョウの木! それはそれは、立派でした。

 

樹齢500年だそう。

その昔、お母さんが乳の出がよくなるように祈ったことから「乳いちょう」と呼ばれるようになったとか。

 

立派な立派な幹!

さらに幹!

葉っぱは見事に色づいて、枝ぶりも見事!

このサイズ感です。↑ ものすごく大きな木です。

祈りたくなる気持ちもわかる。

 

その周辺のもみじも、真っ赤に色づいて、美しい景色が広がっていました。

が、寒かったので、ささっと退散してしまいましたけども!

 

神山町、いいところ!

本当にきれいな町です。

ほどよく近代化もされていながら、たっぷりすぎるほどに自然に囲まれていて、水もきれいです。私の友人が住んでいるところは、なんと水道代が無料らしいです。

そして、夜は静かすぎて逆に怖いくらいだそう(笑)

 

のんびり暮らして、仕事して、たまに町に行く。

そういう生活が、ここではできるかもしれない・・・と思う場所です。

 







-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした