カエル

カエルが住み着いたよ、2017。

投稿日:2017-08-16 更新日:

うちは近くに用水路もあるし田んぼもあります。カエルの合唱は、本当です。蝉しぐれも本当です。カメが甲羅を干している姿も良く見かけます。

つまりは、自然がいっぱいなのですが、それは人の家の庭でも同じ。

毎年の事なのですが、今年も来ました。

カエル!

外のメダカ池に毎年1匹だけやってくるカエルさん。

たぶん、たぶんだけど、同じ子だと思う!毎年、ひょっこり現れて、庭のメダカ池周辺で夏を過ごして、いつの間にかいなくなっていくの。

うちのメダカ池周辺は、適度に草が茂っているし、けっこう広いプラ舟の池なので、十分に泳げるスペースもあるし、虫もいっぱい来る。

かと言って、中からネコがジ~っと窓の外を眺めていたりするからか、鳥は近づいてこないし、カエル的にはとても良い環境だと思う!

 

この子は、いったい何ガエル?

大きさ的に、アマガエルではなさそうだし、色も違う気がする。

では、トノサマガエル?と思って、しばらくこのカエルを「殿(との)」と呼んでいたのだけれど、あれこれ画像を検索してみても、背中に特徴的な白い線なんて、ないし・・・

なんか模様が違う気がする・・・でもなぁ・・・

 

ちなみに、有名なトノサマガエルですが、なんと絶滅が危惧されているそうですよ!

おまけに、日本中にいるのかと思ったら、関東にいるのは、ダルマガエルとかいうソックリだけど異種らしいですよ!ほぉ!

日本全国的には、43種類のカエルがいるそうですよ!ほぉ!

 

うちのカエルはメダカ池に住み着いているから、メダカが食べられやしないかとヒヤヒヤするのですが、どうやらエサとは認識していないみたいで、目の前をメダカがスイスイ横切っても知らんぷりです。

実際、トノサマガエルは虫などが主食ではあるけれども、口に入る大きさのものは、エサだと思って食べてしまうそう・・・Σ(゚д゚lll)ガーン

幸い、そのメダカ池にいるメダカは成魚ばかりで5センチちかくあるので、エサにはなってないみたいだけども(;´∀`)

 

で、この子は何カエル?

四国地方に生息するカエルを調べに調べた結果、

ヌマガエル か ツチガエル(イボガエル)であるかな?と思います!!

 

最終的に、鳴き声で判断しました!

きっと、うちにいる子は「ツチガエル」だと思う!

背中にイボイボがあるので「イボガエル」と呼ばれたり、クサいので「クソガエル」と呼ばれたりしているそうだよ。

ねぇ、ひどすぎない??

 

このサイトで、鳴き声が聞けるよ。

カエルの鳴き声をきいてみよう♪ ツチガエル

オッサンのゲップのような、そんな声です。゚(゚´Д`゚)゚。

 

カワイイ要素がないように思うけど、良く見りゃ可愛いの。

隠れてるつもりのカエル。長いお足がステキです。

 

まぁ、住み着いているのが一匹だけなので、このまま観察を続けたいと思います。

また涼しくなってきたら、いなくなると思うし。

 

多くのカエルが絶滅の危機!

今回、いろいろカエルについて調べていて分かったことは、私が子供の時には、うじゃうじゃいたように思うカエルの多くが、現在、絶滅を危惧されているということです!

田舎では、まだ姿を見かけているものも多いですが、それでも数が減っているそうです。原因は、農業のやり方が変わったり、やはり人間の生活が優先されてきた結果、住処を奪ってきたようです。

確かに、うちのそばにあった用水路も昔ながらの用水路から、コンクリートでガチガチにされた立派な用水路に変わってしまったし・・・

人間の生活を豊かにするために、生態系の豊かさを奪っているんですね、我々人間は。

そして、自然の豊かさを奪ってしまったら、結局、自分たちにツケが回ってくるという、そういう循環が今起きているように思います。

私は、この庭にいるカエルを大切にします(´Д⊂ヽ







-カエル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした




文字

人気記事 PopularPost

amazon search engine