メダカ

めだかの産卵床を作ったよ、2017 part2

投稿日:2017-05-22 更新日:

instagramからも投稿中~♪

インスタグラム、楽しんでいます♪ ただ、写真と共にお届けしないといけないのが強みであったり、面倒くさいと感じる部分であったりしますが、みなさまの写真、お上手ね!憧れちゃうね!

ちなみに私は、ただただスマホのカメラで撮っております。そこまで、まだコダワリはナイ・・・。

 

さて、すっかりメダカブログと化してしまっているのですが、暖かくなってきてメダカが続々と抱卵中です!

例年は、ホテイアオイの根っこであったり、自然発生する藻に産み付けていたりするメダカの卵たちですが、「タマゴトリーナー」と言う名の「産卵床」なるものがあることを知った今年の私は、「産卵床」を手作りしてみたのでした。

その時の記事は、 こちら

以前使ったのは、100円ショップなどで売られている園芸用品で、ゴワゴワの繊維的なものでした。

確かにそれで用を足しそうでしたが、園芸用に形作るために、やはり接着剤的なものが使われていて、何度洗っても、日にさらしても、ボンドっぽさが取れなくて!!なんかベトベトするのね!

 

ということで、作り直すことにした。実際、スポンジなどで作ってもいいわけですが、シュロ皮がおススメと色んな所で見たので、

ミナミヌマエビを買ったついでに、シュロ皮も買ってみました。

↑ まるで髪の毛のようじゃ!つやつや。

これも、ざっと水洗いして干しておいた。そして、今度こそシュロ皮の産卵床作りにチャレンジ!

 
乾いたシュロ皮を広げて準備。

はさみ・糸・シュロ皮、道具は以上です。

↑ お約束のネコ。

↑ さらにネコ。

 

このままでは、らちが明かないので、

↑ シュロ皮の切れはしを丸めて、シュロ玉を作成。

玉を投げる。 ネコが追う。

↑ 完成!

 

手順は!?

見ていただければ分かると思います。 適当な長さに切って、くるっと丸めて縛っただけ~♪

 

これで安心してメダカ鉢に入れれると思うのですが、どの程度効果があるのかは、まだ謎です!

 

というのも、ここ数日メダカはかなり抱卵している様子があるのに、ちっとも卵が見つかりません!!ホテイアオイの根っこにも、ほとんどついてない・・・。

なので、小さい網で抱卵中のメダカをすくい上げて、卵を採取という方法を取っております。ちょっとかわいそうな感じがするうえに、捕まえられないくらい早いヤツもいる!

別に、絶対採卵して増やしたい!というような珍しいメダカを飼っているわけではないのですが、メダカをあげる約束をしているチビッ子がいるもので!!約束は守りたい!!

近所にメダカ好きを増やすのが私のささやかな野望。

 







-メダカ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

メダカ池周辺の風景。

2週間前に新調したプラ舟のメダカ池。毎日メダカは元気いっぱいです。 水の中はある程度満足したので、池の周辺に、置物をちょこちょこ置いてみる日々です(笑) イングリッシュガーデン☆みたいなのに憧れますが …

水生植物: ロタラロトンジフォリア を紹介するよ

まるで呪文! 「 ロタラロトンジフォリア 」を紹介 メダカや金魚を飼うときには是非とも一緒に育ててほしい水生植物。 「水草」とも呼ばれる、水中や水辺で育つ植物です。 メダカの隠れ家にもなるし、植物は水 …

ヒメタニシ を買ったよ!さよならスネール!

「 ヒメタニシ 」が欲しい! 2018年、春。3月の末くらいから、一気に暖かくなってきてメダカたちも見るからに元気になってきました。 メダカのお世話にも気合いが入ってきます。2017年の冬は、それなり …

メダカ投入。

ゴールデンウィーク。今年は、だいたい天気も良くて、本当に過ごしやすい連休だったかと思います。 四国にも、たくさん里帰りの人や遊びに来た人、お遍路しに来た人などなどいたのかな。四国、PRが下手なせいか? …

ミナミヌマエビ を紹介するよ

ミナミヌマエビ  シャカリキ小さなタンクメイト! せっかくメダカを飼うなら、メダカだけを飼うよりも、水草で華やかに彩って、そして「タンクメイト」を入れてあげましょう。 タンク=水槽 メイト=友達 要す …




文字

人気記事 PopularPost

amazon search engine