グリーン&エコ アイデア

ウィンドウファーム ってステキ!

投稿日:2017-05-06 更新日:

ウィンドウファームって、素敵!

私の理想の暮らしというのは、人間以外の生き物の存在を身近に感じながら、ある程度の自然の中で、自給できるものは自給しつつ、小屋程度の小さな家で、のっほほ~~~~んと絵を描いたり、もの作りをして暮らすことなんです。

この

のっほほ~~~~~~ん

っていうのが、すごく大事!!「焦る」生活は、イヤなのーー(´;ω;`)

決して贅沢でなくとも、自分のお気に入りのものにかこまれて、時に旅行に行ったりもしつつ、地に足を付けて、足るを知る生活をするのが夢・・・。

我が憧れの暮らし・・・

有名なターシャ・テューダーさん・・・・は、ちょっと規模が大きすぎるのですけど、

京都にお住いのベニシア・スタンリー・スミスさんのような暮らしぶりが、憧れ・・・。

暮らしの一つ一つを大切にして生きること。

 

ちゃんと食べてますか?忙しすぎて、コンビニ飯で済ましていませんか?

 

とはいえ、彼女らも若いころはガムシャラにお仕事をしていたと思う!

むしろ絶対、今の私より何倍も働いてたと思うの!!

家庭を持って、子育てもして、執筆もして・・・

 

え、絶対わたしより数十倍忙しいわ!!

 

そんな時期を経て、いや、経ながら作り上げた生活なわけで、

自分の家族さえまだいない私のようなモノが一朝一夕で作り上げることが出来る生活じゃないの・・・わかってるもん(´;ω;`)

 

絶対に人生には「一生懸命がんばらないといけない」時期っていうのがあって、今はその時期なんだと思ってはいるんですけど!

 

それはそれとしましょう。

 

お金を食べることはできないんだよ?

コンビニですべてが買えちゃう時代。

コンビニで買えるから、冷蔵庫すら持たない人までいるそうな。余計な食材は買わない。

それはそれで、1つのライフスタイルだと思うんですけど、

お金さえ出せば食べ物が手に入る生活=お金がなければ、食べるものがない!?

 

天変地異とかが起きて、コンビニに物が届かなくなったらどうするの!?

そう考えるとやっぱり怖いので、全人類が自分の食べる分の少しくらいは自分で賄えるようになるべきだよなと思うわけです。

 

ただ実際は、なかなか都会では、家庭菜園をするスペースもないですし、賃貸マンションで、大量の土を運び入れるのも大変ですよね。

 

プロジェクト「ウィンドウファーム」

ということで、いろいろ検索した結果、こんなものを見つけました。

ブリッタ・ライリーさんの「ウィンドウファーム(Window Farm)」というプロジェクト

ざっくり彼女のプレゼンを要約すると、

大都会ニューヨークで暮らしているうちに、生活の大部分を他者に依存して生活していることに気づいた。これはちょっと怖いぞ、と。

ちょっと野菜でも育ててみるかと思っても、ベランダもないようなニューヨークのアパートでは、大量の土を使うこともできない。でも、窓から少しは日光が入ってくる。

この環境でも野菜を育てるにはどうすればいいのか?

と考えたのが始まりのプロジェクトみたいですね。

 

基本的には、土を使わない水耕栽培で、場所も取らない垂直農法。

これを基本アイデアとして、みんなで共有&知恵を出し合おう!という、オープンソースなプロジェクトでもあります。21世紀だね!

いろんな人が、自分のアイデアを出し合って共有しあっているようです。

 

そう、こういう素晴らしいアイデアが世界には溢れているので、せめて英語は出来たほうがいいなぁと思うんです。

 

 

都会のベランダのないアパートなどでも作れそうだし、本当に緑があるだけで心が安らぐから良いと思う。

こういうアイデア、大好きです。

 

上の動画内でも、ちょっと触れていたけど、アクアポニックス というのも、とても気になっていますよ。

ウィンドウファーム、ぜひ取り入れてほしい!

全く他者に依存しない生活なんて、もはや不可能だと思うけど、100%依存した生活は恐怖でしかない。物質的に豊かな日本では、目の前から食べ物がすぐに消えるということが想像できないかもしれないけども。

そこは想像力を爆発させてください。

特に日本では自然災害がやたら多いのだから、少しくらい自宅で食べ物を育てておくことが大切だと思うんです。

そこまでの理由じゃなくても、単純に緑が家にあったら、安らぎますしね。観葉植物でもよいのだけれど、食べられる「緑」があっても素敵だと思うの!







-グリーン&エコ アイデア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

バーティカルファーミング(垂直農法)が気になる

10月も半ば。すっかり涼しくなってきました。 本格的にガーデニングや、冬野菜など家庭菜園に力を入れたくなってくるシーズンです。 私も、しばらくさぼっていた水耕栽培実験を再び開始したいと目論見つつ、前回 …

アクアポニックス もステキ!

お魚と農業!?「アクアポニックス」が素敵! でも、その前に・・・ エコロジーとエコノミーは反比例だと思う。今までの経済活動の結果が、この環境汚染なのだもの。 一番手っ取り早いのは、極論中の極論だけど、 …