アクアポニックス グリーン&エコ アイデア

アクアポニックス もステキ!

投稿日:2017-05-06 更新日:

お魚と農業!?「アクアポニックス」が素敵! でも、その前に・・・

エコロジーとエコノミーは反比例だと思う。今までの経済活動の結果が、この環境汚染なのだもの。

一番手っ取り早いのは、極論中の極論だけど、人間がいなくなること。

自然って強いから、人さえいなくなれば、さっさと元に戻ると思う。 とはいえ、我々だって生きていたいんです。

 

地球はみんなのもの。

ここまで発展してきた先進国の人々に、いまさら何もない生活に戻れ!と言われても到底無理なわけですし、これから発展しようとしている国の人々に、環境破壊するから便利な生活禁止!なんて言えないし、

でも毎日どんどん地球は汚れて行くわけで、環境にも配慮しつつ清潔で便利な生活を維持する技術は先進国にしかないわけだから、そういうものをどんどん開発して進めて行かなくちゃいけないんだよね!

 

というわけで、本題。

アクアポニックスが、素敵!!

農業も大規模になれば、環境破壊一直線です。たくさんの作物を作るために、森を切り開き、農薬を大量に散布して…

環境を破壊する上に、その農薬だらけの野菜を食べるのは、自分たちなのにね!?

 

それを考えると、やはり環境にもやさしく、体にもやさしい作物を食べたいですね。

自分で家庭菜園でもやって、自分が食べる分を自分で作るというのが理想的かもしれませんが、そうそう都会で大量の土を手に入れるのは難しいですよね。場所もないし。

 

それでも、少しでも自分で食べ物を作るということに、全人類がチャレンジすべきだと思っている私は、新しい農法について、いろいろ調べています。

できるだけ気軽に、できるだけ簡単にできる農法。

そこで見つけたのが アクアポニックス。

 

アクアポニックスとは?

家庭サイズのものから、工場サイズまで、完全循環型の農業装置です!

自然の循環を基に考えられたシステムで

 

簡単に言うと、↓こういうことらしいです。↓

 

水槽で魚を飼う。

魚のフンやらアンモニアなどが出て水が汚れる。しかし、自然界には、それを分解するバクテリアなどの微生物たちがいて、水を植物が育つのに適した水へと変えてくれる。

その水で、植物・野菜を育てる。ぐんぐん育つ。しかも無農薬。

バクテリアと植物を通ったお水は、また綺麗になって魚のもとへ戻る。魚の養殖もしようと思ったら出来ちゃう。

 

1つの装置で、魚も野菜も作れちゃう☆ そんな素敵なシステム。

基本的には、淡水魚しか飼えませんが、川魚などの養殖も同時にできるかもしれませんね!

 

 

詳しくは、アクアポニックスの超基礎 で!

・家庭では、観賞魚をリビングの水槽で楽しみながら、ちょこっと野菜やハーブを育ててみる。

・倉庫程度の大きさならば、屋上に置いてみたり、学校において食育教育してみたりできる。

・大規模になれば、野菜も魚もドンドン生産できる?しかも成長が早いらしい。

 

何より、それほど手間がかからない!魚に餌をやったりする必要はあるけれど、うまく環境が整えば、水もそれほど汚れないと思うので。

 

環境にもやさしいアクアポニックス!

大規模にやろうと思ったら、工場などの施設を建てる必要はありますが、従来の農業と違って、水をその場で循環させることができます。

極端に言うと、最初に取り入れた水をひたすら、魚→野菜→魚→野菜・・・とエンドレスで回すことができるんです。

普通の農業であれば、水は出しっぱなしの流れていきっぱなしで、大量の水がいるわけですが、アクアポニックスは、魚が汚した水を野菜がキレイにして、また魚に戻すというサイクルを繰り返すので、水が少なくて済むようです。

水の少ない地域でも大活躍する農法ですね!

おまけに魚まで養殖できちゃうのだから、その地域の食生活まで変えてしまうかも?!

 

 

すごく興味深いね!!

問題点が、あるとしたら・・・

もちろん、水を循環させるためのポンプを動かす電気は、どうにか発電しないといけないので、そういう面では、環境に100%やさしいとは言い難いのかもしれませんね。

あと、できた野菜の味が、どんなものかもわかりません。

唯一肥料的な存在があるとしたら、魚の糞とか、そういうものだけだと思うので…。

 

DIYもできるよ、アクアポニックス

まだまだ日本では浸透していない「アクアポニックス」ですが、海外ではDIYしている人もいるみたい。

工場のような巨大な施設が必要なわけではありません、家庭用のサイズから始められます。

室内用の水槽程度から、庭先でのプラ舟サイズまで、いろいろです。一緒に飼う魚も、金魚やメダカでも大丈夫☆

私もやってみたい~♪

 

自然から学ぶ

この「アクアポニックス」のような農法は、古代からあったようです。

昔の人のほうが自然と寄り添って生活していたので、こういう自然の動きというか、サイクルにしっかりと気づいていたんだと思います。

私も、庭に設置したメダカ池を観察していると気づくことがたくさんあります。出来る限り自然の状態を作ってしまえば、水って汚れないんです。

頻繁な水替えも必要ない。蒸発した分を足してやるくらいです。メダカもむしろ元気だし。

 

自然ってスゴイんです!

 

とにかく私たちは今、地球を間借りしてるんだということを忘れずに、綺麗に使って、返して行かないといけないんだと思います。

私には子供はまだいませんが、大人が引き起こした全ての問題を、今を生きる子供たちが引き受けて行かないといけないのかと思うと気の毒でね( ;∀;)

ということで、環境に配慮したビジネス。

Clean&Greenなアイデアに、今、興味津々です!

 







-アクアポニックス, グリーン&エコ アイデア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

再リベンジ!野菜ミックス栽培実験、第3弾!

アクアポニックス的水耕栽培で育てる野菜ミックス 栽培実験! 第3弾を始めます!!   これまでの実験は・・・ 第1弾。種まきはキッチンペーパーの上。それから、赤玉土に植え替えて、立ち上げたば …

ウィンドウファーム ってステキ!

ウィンドウファームって、素敵! 私の理想の暮らしというのは、人間以外の生き物の存在を身近に感じながら、ある程度の自然の中で、自給できるものは自給しつつ、小屋程度の小さな家で、のっほほ~~~~んと絵を描 …

バーティカルファーミング(垂直農法)が気になる

10月も半ば。すっかり涼しくなってきました。 本格的にガーデニングや、冬野菜など家庭菜園に力を入れたくなってくるシーズンです。 私も、しばらくさぼっていた水耕栽培実験を再び開始したいと目論見つつ、前回 …




文字

人気記事 PopularPost

amazon search engine